So-net無料ブログ作成
検索選択

HANOI ROCKS NAGOYA 2007.10.26 [ROCK]

たまたまホテルが同じだったマイミクのラジクさんと朝食を食べている時、ものすごーーーい雷雨になる。
広島に来たのは初めてだったから少しは観光したいんだけど、すぐには到底ムリそうだ。
チェックアウトの11時ギリギリまで雨が上がるのを待ってから、平和記念公園へと出発した。
公園に着いてすぐに金髪のガイジンさんのカップルに目が釘付けになる私。

ラジクさん「あの人達もハノイのファンですかねぇー」
私「いや、あれはファンじゃなくて…マイケル本人だよおおおおーーーーっ!」
何と奥様のヨハンナと散歩に来ていたマイケル本人に、奇遇にもバッタリ遭遇しちゃったーっ!
「昨日のギグでストールをくれたよね!覚えてるよ!」マイケルから発せられたこの言葉を聞いた時、私は自分の耳を疑った。
ただの1ファンである自分を覚えていてくれたなんて…
ああ、神様、仏様、ロックの神様、とにかくありとあらゆる神仏に感謝。
名古屋にも来てくれるの?!」と聞かれたので、「もちろん」と答えたら…
「ワオ!見つけるよ!あとでね!」と言ってくれたマイケル。
あまりに素敵な時間に、嬉しくて頭の中が真っ白になった。
2人の姿が見えなくなってから、ラジクさんとヘナヘナと公園のベンチに座り込んでしまった。

思いがけない出来事で、テンションがイッキに上がった2人。
名古屋のライヴが待ち遠しい状態に…
今日の整理番号は49番とビミョ~な数字だ。
開場の30分前にはクアトロに到着し、IKKOちゃんにご挨拶。
その後、初めてお目にかかったマイミクさん達とこれまた楽しい時間を過ごさせて頂いた。

フロアに入ると当然のことながら最前列は既に埋まっている状態。
2列目ならばマイケル前も確保出来た。
一応そこに立ってはみたが、思いなおして会場後方の一段上がったところの最前列ど真ん中に移動する。
前にカウンターがあるし、一段上がっているからすごく見易い。
今日は今ツアーのラストライヴだ。
バンド全体を観たいというのもあったし、マイケルに見付けて貰える位置に居たかった。
今日の入りからすればそれはムリなことと分かっていても、それでも最善のことはしたかった。
それにね、ソールドアウトとなっているこのライヴは、押し合いへし合いになるのは必至だろうから、ちゃーんと観られないんじゃないかっていう危惧もあったのよね。
最近の自分の体力的にも、呼吸困難になるほどの位置にいる自信が無かったし…
偶然にも隣には某ファンサイトの管理人さんが居て、開演までの時間もアッと言う間だった。
やっぱり今日もBGMはレゲエ調の曲ばかりで、「なんでこんな曲なんだろうねぇ~」と曲が変わる度に2人でケラケラ笑う。
ホント、どーしてこうテンションが上がらない曲ばっかりなんだろうなぁ(笑)。
今日のマイケルのマイクスタンドには、昨日タグがブラブラしていたあの赤と黒のマラボーが付けてある。
さすがにタグは外れてたけど(笑)。

7時ジャストに暗転。
今日もラクが1番ノリでステージに姿を現す。
あ、あそこで声を掛けたのは多分IKKOちゃんだなぁ~(笑)。
"Fumblefoot And Busy Bee"をプレイし始めると、人がだぁぁーーーっと前に移動するのが見える。
うわぁぁ、既に前列の方はギュウギュウになってるよ~。
でもここは空調も効いていて本当に快適~。
ただ、ちょっとだけステージに遠いけど(苦笑)。
コニー、今日の衣装は上から下までまっ赤っ赤だよ~。
でも似合うねぇ~、こういう色。
アンディ、頭に金色の飾りの付いたスカーフを巻いていたんだけど、あの飾りって邪魔じゃあないんでしょーか?!
目がほとんど見えないんですけどぅ(笑)。
A.Cも何だか凄くクールにカッコ良く見えた。←え?!失礼?!
音が少し弱いように感じたけど、これは最初だけだった。

ポリスハットを被ったマイケルが登場すると会場は更なる歓声に包まれる。
ああ、やっぱりこの人は根っからのロック・スターだ。
出て来た瞬間から観客を惹きつける何かを持っている。
今日は今までの黒いレースのパンツではなく、刺繍のしてあるジーンズに変えていた。
シルバーの円形のモチーフが連なったベルトには、赤いハートやら星のモチーフが幾つもぶら下げてある。
これはきっとマイケル自身が付けたんだろうねぇ~。
「ナゴヤーーーッ」
"Hypermobile"、観客が身体を上下に揺らし、手を挙げ、最初っから大合唱となっている。
さすがにソールドアウトのことだけはある。
フロアが揺れているのが分かるのだ。

"Malibu Beach Nightmare"、この曲のイントロがかかると会場がうねっているのが見える。
やっぱりこのイントロって人を熱くさせるんだよねぇ~。
前列に居たDAMIEN近衛連隊長から、先ほどピンク色のラメラメなテンガロン・ハットを貰っていたマイケルが、嬉しそうに被って唄っている。
白い肌のマイケルには本当に似合ってるなぁ~。

"Street Poetry"、DAMIEN近衛連隊長から投げ入れられたのは、今度は赤いロングの半被だ。
これがまた可愛い。
裾が長いので、結ぼうとしてみたり、やっぱり戻してみたり…と、衣装に対してのマイケルの拘りも感じられる。
彼は自分の見せ方をよーく知ってるんだよねぇ。
どうしたらファンが喜んでくれるか、どうしたら自分が素敵で居られるか…
自分のことも、そして人のことも、とっても考えているんだと思う。

私の大好きな"Highwired"と続いた後、"A Day Late, A Doller Short"になる。
1度脱いでドラム台に置いておいた半被を再度着るマイケル。
多分赤いサックスとのコーディネートを考えたのだろう。
さすがだ…
今日は間奏部の『Million Miles Away』をプレイする前にマイケルがMCで、「ラズルに捧げる~」というような事を言った。
昨日の十字を切ったアンディの姿を想い出す。
まさに渾身の「泣き」のサックスと、ギター音が会場に響き渡る。
観客がどよめき、そして感激の拍手をしてそのプレイを讃えていたのが印象的だ。

"Bad News"、今までよりヴォーカルのエコーの入りが良い。
今日は比較的音がいいのが嬉しい。
もちろんこれは私の居る位置が良いというのもあるのかも知れないが…

「ドウモアリガトーッ、アイシテマス」との日本語のMCから始まったのは、"Power Of Persuasion"だ。
ああ、マイケルに個人的に「アイシテマス」なんて言われたいなぁ~(笑)。
どこの曲でだったかはよく覚えていないけど、マイケルがファンから扇子を受け取り、それを扇ぎながら唄っていた。
その後その扇子を会場に投げ入れたんだけど、無数の観客の手で骨と布の見るも無残なボロボロ状態となっていた。
でもゲット出来た人にとっては宝物になったに違いないね。

"Teenage Revolution"のイントロが流れる。
ドラム台に置いてある数々の自分のグッズの中からポリス帽を探すマイケル。
しかしながらそこには今日はいつもにも増して色々なものが置いてあってなかなか見つからない。
マイケル、必死に探す!
頑張れ、マイケル、早くしないと間に合わないぞっ!
が、とうとう唄いだしの箇所になってしまい、あえなく帽子無しでマイクスタンドに走る!
ごめん、マイケル、ちょっと笑っちゃったよ。
だって必死に「あれ?!ない、ない~~っ!」と、探しているマイケルがとっても可愛かったんだもん。
ワンフレーズを唄い終わり再度ドラム台に向かって、今度は無事に帽子を被ったマイケル。
今日も無事に行進出来たね!ホッ。

"High School"、新譜からの曲ももちろん観客のウケが良いんだけれど、この曲はやっぱり別格に感じる。
後方から観ていると、フロアの観客がものすごーい勢いで動いているのが分かるのだ。
アンディのギターも今日は昨日よりずっと弾けている。
やはり今ツアーのラストライヴだというのもあるのだろう。
考えてみたらマイケルもアンディも45歳…
今の年齢で若い頃に作った曲をそのままプレイしているとことはもの凄いことだと思う。
フツー、この位の年齢になるとテンポが遅くなったりするものだ。
早いリズムに身体が付いていかなくなる。
スローテンポな"High School"や"Malibu Beach"や"Tragedy"なんてまるっきり考えられないけど、KISSにしたってエアロにしたってガンズにしたってみーんなそういう状況になっている。
私がハノイ・ロックスというバンドを心からリスペクト出来る点はそこにもある。
曲が終わる少し前にラクのドラムスティックが折れちゃってたけど、音がまったく途切れることなくすぐにフォローしていた。
さすがだね、ラク。
 
"Fashion" 、正直言ってこの曲を初めて聴いた時にはなぁーんかピンとは来なかった。
でもライヴで聴くとこれが予想外にいいんだよねぇ。
今日もコニーは「チーン」の表情で陶酔しきってプレイしている。
ああ、なんだかこの曲でコニーを見るのが習慣化してきちゃったかなぁ(笑)。
そして必死に笑いを堪える、と…←失礼

"Transcendental Groove"、今までよりグッとエコーがかかる。
どこかオリエンタルな雰囲気のヴァースで、マイケルのヴォーカルが会場に響き渡る…
そしてサビの部分になると、そのヴォーカルはイッキに力強くなり、グルービーになる。
マイケルは腕をグルグルと廻しながらのパフォーマンスだ。
コーラス部の「チュッチュウルルル~」という箇所になると、オリエンタル色が再度出てくる。
それにしてもこの時のコーラスは本当にキレイだ。
コニーもA.Cも声が良いんだよねぇ~。
東京、広島、名古屋と聴いてきたけれど、今回この曲はここ名古屋が1番素晴らしかったように思えた。

"Motorvatin'"、うひょーっ、IKKOちゃん良かったねぇ~~~。
昨日は演っていたけど、東京でも大阪でも演らなかったからねぇ~~~。
ようやく大好きな曲が聴けたね!

"This One's for Rock'N'Roll"、マイケルが撒くミネラルウォーターが私の居る位置にまで届く。
やっぱりこれを浴びると嬉しいね。
ハノイマニアにとってはまさに聖水だ!(笑)。
曲間でのシャウトがものすごーーーくファンキーでカッコいい。
今日も観客は大合唱だ。
その歌声は渋谷でのライヴにも増して大きい。
嬉しそうに観客にマイクを向けるマイケル。

"Back to Mystery City"、今ツアーではすっかり定番化した曲になったが、渋谷でのライヴに来られなかったファンもたくさん来ているのだろう。
待ってました!とばかりの歓声が湧く。
この曲は昔のライヴの音とはまた違った良さを出していると思う。
今のハノイの音になっているのだ。

"Back In Yer Face"、イントロが流れた瞬間、前回の川崎でのライヴを思い出した。
オープニング・ナンバーとなっていたというのもあるけれど、個人的に想い出がぁーーー(笑)。
それに映像として残っているので、何度も繰り返し見たというのもあるのだろう。
マイケルが「Time~」というフレーズで、腕時計を見る仕草をするのもすっかりお決まりだ。

イントロが流れた瞬間、私は耳を疑った…
"Center Of My Universe"だ。
まさかこのツアーでこの曲が聴けるとは思わなかった。
前回のツアーでは確か大阪初日と渋谷1日目にしかプレイしなかったはずだ。
既にかなりのエコーがかかってはいたが、更にエコーとヴォリュームを上げるようにスタッフに合図を送るマイケル。
指示通りの音となり、かつて聴いたことがない程のエコーを効かせてじっくりと歌い上げる。
ヴァースの部分では囁くように、そしてサビの部分では何とも切なげに…
それをひとつの音も漏らさずまいとジッと聴いている観客。
「世界の中心でオレはただ1人だ…」
ハスキーなマイケルのヴォーカルが会場に響き渡る。
なんと孤独で切なく哀しい詩なんだろう。
彼の過去を歌い上げているようだった。
サックスの音がまた素晴らしかった。
まるでサックスが泣いているようだった。
ロックのライヴでこんなに素晴らしいサックスの音を聴けるなんて、いったい誰が想像しただろう…
信じられないことに私は自分でも気付かないうちに泣いていた。
涙が頬を伝って落ちた時、その事実に驚いた。
何故涙が出たのかは今でも分からない。
ただ素直にこの曲に感動していた。
前回聴いた時と比べものにならないくらい、深く感動していた。

マイケルが袖に引っ込んだが、バラードな雰囲気はそのままで、アンディがギターを爪弾く。
なんかどこかで聴いたフレーズだったが、感動で胸がいっぱいだったのでよく思い出せないまま"Don't You Ever Leave Me"に…
くぅーーっ、泣かせるセットリストだぁ~。
着替えを済ませたマイケルがミニバラの花束を抱えて出て来た。
この花束もDAMIEN近衛連隊長が差し入れしたものだ。
数本づつ取って右へ左へ真ん中へ…と投げるマイケル。

泣きのセットリストから一転、"Tragedy" だ。
ハスキーなマイケルの声は吼えるようなヴォーカルとなる。
この曲も今日で暫く聴き収めかと思うと、自然と身体が激しく動いてしまう。
今日も前の人に遠慮することなく首を振ることが出来るのが嬉しい。
それにしても感動して泣いた後、すぐに首を振ってる自分が何だか可笑しい(笑)。
「~dead」の部分では、マイケルと一緒になって首を切るパフォーマンスをするのもお約束だ!←バカ

"Boulevard of Broken Dreams"、前列に居たハノイの団扇を持っている人に扇いで貰ったりとマイケルは幸せそう。
やっぱりこの曲ではIKKOちゃんを思い出す。
あの1番最初に手を挙げたのは彼女かなぁーなどと思ってみたりして…

"People Like Me"
今日もここでメンバー紹介が入る。
A.Cの部分では昨日ほどのながーい歌にはなっておらずに残念(笑)。
しかしながらラクでは相変わらず「ラク、ラクラクラクラクゥゥ~♪」と会場中に唄わせる。
今日も笑いながら一緒になって唄う。
そしてアンディがノロリノロリとマイケルを紹介した時、私は前にあったカウンターの柵に足を掛けて思いっきり背伸びをし、持っていた扇子をブルンブルン振りながら「マイケ~ル」と叫んだ。
するとマイケルがこっちを見て、指を差して頷いたのだ。
まるで「見つけたよ!」そう言ってくれているかのようだった。
「ぎゃあああああーーーーっ」と絶叫する私(笑)。
いーんです、妄想でも、思い込みでも…ははは。

大興奮状態のまま"Oriental Beat" へ。
ああ、本編が終わっちゃうよぅぅーーー。
「ウーウーウー」というバックコーラスの部分まで観客が唄っている。
ものすごい盛り上がりだ。
メンバーもノリにノッているのがよく分かる。
ううーん、今日のライヴは本当に良いなぁー。

アンコールのコールが続く中、後ろから「凄いねぇーー、カッコいいねぇーー」という声が聞こえる。
こういう声を聞くと別に彼らの身内でもないのに俄然嬉しくなる。
ファンってそういうものだよね。

ほどなくしてメンバー再登場。
出て来たマイケルを見て、私は心臓が止まるかと思った。
マイケルの首には昨日私が渡したストールが巻かれていたのだ。
気に入ってくれているのか、それとも私が今日来ているということを知って、気を遣ってくれてなのかは分からない。
そのどちらでも構わない。
そのどちらでも私にとっては心底嬉しいことだ。
またまた感動で涙が流れた。
もうその場所に居ることが出来なかった。
もっとマイケルの近くに行きたい…
気付くと私はその場所からフロアへと突進していた。
その間、マイケルは新譜のプロモーションの為に作られたポストカードをばら撒いている。
ファンには嬉しいプレゼントだ!

"Powertrip"、ゴキゲンなロックンロールにノリながらフロアを進んでいたら、エレボ側の2列目まで来ていた。
この曲でのコニーのギターは最高にカッコいい!
「パウワウワウワウパァ~ワトリッープ~」というところでは、やっぱり手をグルグルさせるマイケル。
今回のツアーは手を回転させるパフォーマンスが多いなぁ~。

昨日同様に"Waking' Away"をワンフレーズだけプレイした後に"Self Destruction Blues"だ。
いつもにも増して今日のハープの音がいい。
この位置でも音の良さを感じるんだから、やっぱり今日のPAはいい仕事してる(笑)!
ギターソロの時にマイケルが近くまで来たので、今日していた白いチュールレースに銀色のスパンコールが付いたストールを差し出した。
するとマイケルは私の顔を見て驚いたように一瞬目を見開き、さっきまで私の居た位置に視線をやった後、また私を見てニッコリと笑った。
ああ、やっぱり気付いていてくれたんだよね、私があそこに居たって(涙)…←妄想?!(笑)。
手を出してそのストールを受け取ろうとしてくれたが、なかなか届かずに残念そうな表情するマイケル。
すると前に居た人達がみんなで手を貸してくれて(有難う!)、私のストールは無事にマイケルの手の中へと入った。
あの思いっきり極上の笑顔で投げキッスをしてくれるマイケル。
そしてすぐさまそのストールを首に巻いてくれる。

"Obscured"、ラクは今日もプレイしながらパフォーマンスをしている。
本当に楽しそうに唄いながらプレイをするよねぇ~。
この曲で唄いながらプレイするラクを見るのは好きだなぁ。
マイケルは2本もストールをしているのは可笑しいと思ったのか、前日渡した方は外して今日渡したものを付け直してくれている。
ああ、マイケル、あなたはどうしてそんなにも優しいのでしょう…

"Up Around the Bend"、とうとう最後の曲になっちゃったよ~。
ものすごい勢いで人がぶつかって来るし、もう回りはぐちゃぐちゃだ。
それでも楽しくて楽しくて堪らない。
持っていた扇子をガンガン振り上げながらジャンプして一緒に唄う私。
前に来たマイケルがその扇子を見て微笑んだので、私もニッコリと頷きながら更に高く掲げると、私の手をタッチした後ヒョイと持って行った。
扇子は黒地に銀色でHANOI ROCKSとロゴを入れたものだ。
その扇子を振り上げながら唄い、パフォーマンスをするマイケル。
今日も最後に扇子を渡せて良かった~、嬉しいよ~。
ステージの上手(かみて)から下手(しもて)にタッチしながら走って来たマイケルと再度タッチ!
ラストは"TAXI DRIVER"のフレーズが入り、マイケルがバンドのメンバーひとりひとりに何か耳打ちしていたので、ひょっとしたら何かやるかなぁーと思ったけど、残念ながらそれは無かった。
けれどステージを下りたメンバー全員で手を繋ぎ、観客に向かってお礼を言ってくれた。
観客もメンバーに精一杯の拍手を贈る。
「キートス!」私も声に出してそう叫んでいた。

スピーカーから流れる蜂の羽音を聞きながら、「終わっちゃった…」そう思ったらまた涙が溢れてきた。
でも沢山のパワーを貰えたよ。
明日からまた日々の生活が始まるけど、きっと頑張れる。
ありがとうハノイ・ロックス、ありがとうマイケル。
喜びの日々を、感動の涙を、そして素晴らしい時を…
最後に、同じ会場で出会った全てのファンの方々へ、本当にありがとう。


nice!(1)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 24

しゅう

前に突っ込み隊しゅうです!ww
後ろに一段高くなったとこってあったんですねえ(覚えてないとか←
で、それでも手が届く位置だったんですかあ。すごいな。

ちゃんとマイケルは覚えてたし、ストールも気に入ってくれてたんじゃ?
両方だと思いますよー!
確かに名古屋は音がよかったような印象があります。
自分も最前はとれなかったので聴く余裕があったからかな?と思ってたんだけど、PAよかったのかなー。

センター…は私も驚いたし嬉しかったです!
あの曲は大好き。「君はボクをつなぎとめる重力(だった)」とかせつなすぎ。
いろんな曲がたくさん聴けて素晴らしいライヴでしたよねえ。
今日はお休みですがこれから子ども送るんで時間ないのでとりいそぎ!w
とりいそぎレスしたかったのでーす^^えへへ。
またきまーす。
by しゅう (2007-11-20 07:02) 

DAMIEN

うえーん!!!!
泣けてきました!!!
そう、ホント音がよかったし、ミステリーシティの愛染さんのご感想、全く同じです!!!
あ、鳥肌がたってます!!!あの日にぱゥわァTRIP!!!
by DAMIEN (2007-11-20 09:54) 

フレア

会社で拝見するんじゃなかった~~[・・・]
せっかく感動してうるうるしたり、「ちーん」で爆笑したり、ステキレポを満喫しているのに・・・
内線がうるさい~~!!←ダメ社会人代表
せっかくマイケルが一生懸命帽子を探しているのに、急な来客はあるし[いかり]<会社の受付役でもある私w
ゆっくり読めない(涙)
・・・
家に帰ったらゆっくり拝見します
何度も読んで、何度も泣き笑います!!
本当に素晴らしいレポをありがとうございました[はーと]
(できたら1冊の本にしてください☆)
by フレア (2007-11-20 11:00) 

愛染かつら

しゅう様
フツー前に突っ込みますよ~。
私だっていつもなら最初に立った2列目に居ました(笑)。
クアトロはどこの会場でも一段高くなった場所があるんですよ~。
そこからジワリジワリと突進して行ったらアラ、端に近いけど2列目まで来れちゃった!っていう感じです。
ストールを渡す時にステージ端に近くなって、扇子を渡す時には更にA.C側に近くなってました(笑)。

>ちゃんとマイケルは覚えてたし、ストールも気に入ってくれてたんじゃ?
★そ、そうかなー。
どっちでも嬉しいし、両方だったらもっと嬉しい~♪

>自分も最前はとれなかったので聴く余裕があったからかな?と思ってた>んだけど、PAよかったのかなー。
★良かったと思いますよー。
今までマイケルが指示していても劇的に音が変わるなんてことなかったですし~(笑)。
良い仕事してました!

>「君はボクをつなぎとめる重力(だった)」とかせつなすぎ。
★ホント、そうなんですよねぇぇぇ。
このくだりも切ないですよねぇ。
CDで最初に歌詞を読んだ時には、悲しかったもの。

>いろんな曲がたくさん聴けて素晴らしいライヴでしたよねえ。
★ねぇぇぇー、フロアがガイジンさんがデジカメでずーーーっと動画撮ってたんだけど、どっかに流してくれーって思います(笑)。

>今日はお休みですがこれから子ども送るんで時間ないのでとりいそぎ!
★忙しい中、わざわざコメントまで入れてくれて有難うね~。
by 愛染かつら (2007-11-20 11:33) 

愛染かつら

DAMIEN様
同じ感動を味わえて良かったですよねぇーー。
音、良かったですよね!
Back to Mystery Cityは昔の音と違って聴こえますよね。
それも今のハノイらしくて大好きでした。
DAMIENさんもわかってくれましたかー。
ハノイは進化してるんだよねぇーー。

私もあの日にパゥアァトリィップしながら書きました~♪
by 愛染かつら (2007-11-20 11:36) 

愛染かつら

フレア様
うあっ、会社で読んでくれたんですねぇー。
有難うね~。

で、フレアさんのコメントが面白い~。
>せっかくマイケルが一生懸命帽子を探しているのに、急な来客はあるし
★ここで私、思わず爆笑してしまいました。
なんかステージでマイケルが必死に帽子探している時に、ステージ脇からお客さんが入ってきたような図を想像してしまいました(爆)。

何度も読むなんて言って下さって最高の褒め言葉です~。
嬉しい~~~~♪
こちらこそ有難うございました。
by 愛染かつら (2007-11-20 11:40) 

yubeshi

伝わりました!!フアン冥利に尽きるとはこの事ですね。
偶然と誠意が重なった物語の様なライブレポに涙です。
読んでいて思ったのですが、モンちゃんって「華がある」って言うのは勿論なのですが、「粋」なんですね。
メロメロになってしまう理由が凄く分かります。
by yubeshi (2007-11-20 17:43) 

愛染かつら

yubeshi様
こちらにもnice!とコメントを有難うございました~。

伝わりましたか~?!
ほんと、ファン冥利に尽きました。
この時に幸せの絶頂を味わいました。
お陰で今はどん底になってしまいましたけど(苦笑)。

>モンちゃんって「華がある」って言うのは勿論なのですが、「粋」なんですね。
★おおおおーっ、そうですね。
確かにマイケルって「粋」です!
よくぞ気付いて下さいました!

yubeshiさんもぜひマイケルにメロメロになって下さい~(笑)。
by 愛染かつら (2007-11-20 17:55) 

DAMIEN

再びすみません、愛染さんの「フレアさんのコメントが面白い」が気になって読んでしまいました!
爆笑!!!
さすが乙女、妄想と現実のスイッチングが早い!

私も愛染さんの本が出たら両方買います!←歌舞伎版とHANOIバージョン
by DAMIEN (2007-11-20 23:01) 

しゅう

あや、朝時間なくてちゃんと読めてなかったです。前に突っ込んだあとのことだったんですね!っていうか、もしかして物凄く近くにいたんじゃw
確かに私より下手方向でマイケルがストールも扇子も受け取るの見た記憶がありますものー。
あれ愛染さんのだったんですねー!(てっきり愛染さんは中央にいるもんだと思ってたので、違う人かと思ってた←今頃判明する事実)

隊長さんと語り合ってる(?)ミステリーシティの件、便乗して記事書いたのでトラバ飛ばさせてもらいましたー。なんか出来てないか二重飛ばししちゃった気がします[あせっ]
二重に来てたらすみませんが処理してやってください…。


さて話戻して。
そこまで前に突っ込まれてたなら、確実にマイケル見てくれてますよー、あ、あの子だってわかってくれてますよー!
よかったですねー!
もう、そんな鼻血もの(失礼)の素敵な思い出があったなんてー!
名古屋のあとはゆっくりお話出来る時間なかったからほんと残念でした!
あれば、きっときけていたのにw

エレボブロスはほんとに歌上手だし声いいですよね。
私コニーの歌声すごく好きなんですよ。ソロやばいです。マジやばです。
ACもエレボ時代はメインでコーラス入れてたし、高いほうを主に担当していたし、上手だと思いますよ。(エレボマニアのフィンの友達は「彼はコニーほどうまくない」っていってくれちゃいましたが…。まあリードボーカルの人と比べりゃそりゃね…。あ、これ、ファッションのはーんずみーだーうん!のとこの高い声のコーラスは誰が歌ってると思う?コニーかな、ACかなって彼に質問してみたら、絶対コニー、だってACはあんなに上手くないって返事が来たって話なんですwあれは確かにコニーのようですね)
ハノイはウーウーみたいなちょっときれいな?コーラスが意外と随所に入ってるますが、彼らいい仕事してますよね!
私は当然エレボ側にいるので、その光景がよくみえて聴こえてうっとりしちゃいます。

ところで、エアロもあれなのですか?パワーダウンしているの?
私はよく知らないのでアレですけども、同じくよつべでみた彼の(近年の)パフォーマンス、空中ブランコ乗っちゃったりとかなりのもんでしたがw
若い頃はもっとすごかったってことなのかな?

確かにハノイのように進化し続け、衰えをまったく知らない、それどころかどんどんよくなるばかりなんてバンド、他にないですよね。
英語の講師にハノイの話をする時も、85年に一度解散して近年再結成したっていうと「いつが一番いい?」「昔と今とどっちがいい?」みたいに聞かれます。
私は最新がいつでも一番いいんだといってやってますが、「普通は再結成バンドはあまりよくないもんだ」と返事も来ます。

俺らはカバーバージョンじゃない。

いうだけなら誰でも言える。でもホントにそれを体現してるのがハノイ!
ほんと、素晴らしいバンドに出会えて、同じ時代を生きられて、私たちは幸せですねえ…。
by しゅう (2007-11-20 23:43) 

IKKO

平和記念公園でのマイケルとの遭遇した事件(?)も、ハノイの名古屋ライヴもまるで昨日の事のように蘇ってきます〜!!
そして私がいかにラクしか見てなかったのかも、改めてよくわかりました(笑)

しかももしかしてマイケル以外のメンバーより多いんじゃないかってくらいに、名前を出して頂いて恐縮です(^^;)
どう考えてもACより私の名前の方が多いし(笑)

>あ、あそこで声を掛けたのは多分IKKOちゃんだなぁ~(笑)。

ライヴで「ラクゥ〜!」と叫ぶ度に、もしかしてみんなに「今のはIKKOちゃんだ」と思われてやしないかと思ってたんですが、やっぱり(笑)

>さすがだね、ラク。

お褒め頂いてありがとうございます!
とラクに変わってお礼を申し上げます(嫁気取り?)
Booulevard〜で一番最初に手を挙げたの…その人がアンディ前辺りにいたのなら、私かもしれません(^^;)

Obscuredのラクもカッコいいですよね〜。
笑顔でパフォーマンスしながら、あのパワフルなドラミング!!
毎回ゾクゾクしちゃます[はぁと]

マイケルはぜーーーーったいに愛染さんの事を覚えてくれてたし、
一段高い所にいた時も間違いなく気づいてたと思います!
なので全然妄想じゃないですよ♪

マイケルは本当にファンを喜ばせる術をよく知ってますよね。
サービス精神を持って産まれた人、まさにロックスターです☆

その爪のアカを煎じて、誰かに飲ませてやって下さいよぅ(笑)

いつもいつも素敵なレポをキートスパリヨンです[はぁと]
by IKKO (2007-11-21 00:57) 

KIRIKA

あのストールと扇子は愛染さんのだったんですね~!!!
あの場面、凄く覚えてます!

私もコニー前二~三列目あたりに居たんですが、愛染さんの白い手しか見えてなくて、誰か判りませんでした^^;
でもマイケルが貰うときに顔がパ~ッと明るくなって「いいの?!」って感じで
笑顔になったので、よく知っている人からなのかな?と思った記憶があります[はれ2]
極上の投げキッスも、そう思いましたよ[ぴーっ]

なので絶対妄想じゃないです!証人で~す[にこっ]
しかもそれまでにこんなコンタクトがあったのですね~納得^^
あの、ラウパの握手会から始まり、こんな名古屋劇で締めくくりとは、とってもドラマッチック~。。。
何度も読んじゃいました♪

そして真っ赤なコニー、本当にかっこ良かった~!!
大阪では動きがイマイチだったので、名古屋のコニーのパフォーマンスにも
酔いしれてました[らぶっ](その時は「チーン」も知らなかったので一緒に陶酔:笑)

あの日にトリップ出来る、ステキなレポありがとうございます!!!
by KIRIKA (2007-11-21 13:25) 

愛染かつら

DAMIEN様
再度のご訪問、有難うございます~。
フレアさんのコメント、面白いでしょう~?!
私、思わず想像して爆笑してしまいました(笑)。

>私も愛染さんの本が出たら両方買います!←歌舞伎版とHANOIバージョン
★え?!マジっすか?!
お金取れるようなモノ、書いてないですよ~。[あせっ]
by 愛染かつら (2007-11-21 15:41) 

愛染かつら

しゅう様
再度のご訪問有難うです~。

そーそー、私、しゅうさんの近くでしたよ!
2~3人挟んだところに、しゅうさんの顔がありました!(笑)。

あのストールと扇子は私のだったんですよ~。
ライヴ後はそういう話する時間、私、無かったですもんねぇ。
個人的には鼻血モノの出来事でしたが、今回はみんなそれぞれ鼻血が出ていたようで…

マイケルファンの私は中央に居るって思われるのは当然ですよねぇ。
でも2列目中央なんてマイケルすらよく見えないんじゃないかと…
前が背の低い人ならいいですけどねぇ~。
私、今回はまったくヒールの無い靴だったもんで…

しゅうさんのところの記事、読ませて頂きました。
いっつも思いますが、英文と日本語とで書かれていて凄いなぁーと。
私なんて日本語でさえ書くの大変なのに(笑)。
そうそう、トラバ、二重どころか来てないんですよ~。

コニーのエレボ時代のアルバムは聴いていますが、確かに上手ですよね。
彼らしい感じのヴォーカルだと思います。
A.Cも声が安定していて、バッキング・コーラスとして最高だと思います。
アンディの不安定な高音もハノイにとっては魅力ですが、やっぱり安定したコーラスが無いと音としては締まりませんからねぇ。
今回は1本のマイクスタンドにマイクが2つ付いていて、ちゃーんとA.Cのことも考えているんだなぁーと嬉しくなりましたよ。
前回の来日時にはコニーと1本のマイクをシェアしながらコーラスしてましたからねぇ。

エアロはパワーダウンというか、やっぱり曲のスピードがかなり落ちましたね。
あまりに遅くなっちゃって乗るに乗れない曲もあったりして(笑)。
若い時はやっぱり昔のハノイのように荒削りで、キケンな香りがしてました~(爆)。

>私は最新がいつでも一番いいんだといってやってますが、「普通は再結成バンドはあまりよくないもんだ」と返事も来ます。
★これはよく言われることですね。
お金の為に仕方なしに集まったバンドも多いですからねぇ。

>ほんと、素晴らしいバンドに出会えて、同じ時代を生きられて、私たちは幸せですねえ…。
★そうですよね。
私もそう思います。
この歳になると我を忘れて興奮できちゃうバンドなんて、そうそうないですからねぇ(笑)。
私の若作りの源として、ハノイにはいつまでも頑張って欲しいです!
by 愛染かつら (2007-11-21 16:09) 

愛染かつら

IKKO様
なんだかねぇ、もう遠い昔のことのように感じていたのですが、こうやってレポをおこしていたら、つい昨日みたいに思えて来ました(笑)

>そして私がいかにラクしか見てなかったのかも、改めてよくわかりました(笑)
★いや、それは私も同じだし~。
基本、マイケルしか見てませんから~。

>どう考えてもACより私の名前の方が多いし(笑)
★わはははは、だってIKKOちゃんの好きな曲がかかると思い出すんだもん。

>ライヴで「ラクゥ〜!」と叫ぶ度に、もしかしてみんなに「今のはIKKOちゃんだ」と思われてやしないかと思ってたんですが、やっぱり(笑)
★それはきっとみんな思っているでしょう~(爆)。
まぁ、全部の「ラクゥ~」の声がそうだとは思っていませんが(第一そんなにIKKOちゃん、居ないし(笑))

>とラクに変わってお礼を申し上げます(嫁気取り?)
★あはは、IKKOちゃんならそう切り返してくると思った!

>Booulevard〜で一番最初に手を挙げたの…その人がアンディ前辺りにいたのなら、私かもしれません(^^;)
★そうそう、アンディ前辺りだったんですよー。
だからIKKOちゃんかなぁーと思ったんです!

>笑顔でパフォーマンスしながら、あのパワフルなドラミング!!
毎回ゾクゾクしちゃます[はぁと]
★ほんと、ラクって忙しく動いてますよねぇーーー。
よくあんなに動いていて疲れないなぁーと(笑)。
片手で叩いている時も結構あるじゃないですか~。
それでもリズムがブレないんですよね。

>なので全然妄想じゃないですよ♪
★も、妄想じゃあないかなぁーーー。
現実かなぁぁーーー。

>マイケルは本当にファンを喜ばせる術をよく知ってますよね。
★そうなんですよねー。
そういうのをさりげなく出来るところが、彼の優しいところだと思います。

>その爪のアカを煎じて、誰かに飲ませてやって下さいよぅ(笑)
★そういうこと、細かく出来ちゃうドラマーさんなんて考えられないっ!(爆)
by 愛染かつら (2007-11-21 16:24) 

愛染かつら

KIRIKA様
んまぁ、KIRIKAさん、ストールと扇子覚えてくれてますか~?!

結構端の方から渡していたので、手しか見えなかったのは当然です~!

>なので絶対妄想じゃないです!証人で~す[にこっ]
★きゃああああああああーーーーーーーーっ!
見てましたか?!
見てくれてたんですかー?!
マイケル、笑ってくれてましたよね?!
投げキッスもしてくれてましたよね?!
いやーーーん、何だか心臓がドキドキしてきちゃった(笑)。
見ていて下さって本当に感謝、感謝です~♪

>あの、ラウパの握手会から始まり、こんな名古屋劇で締めくくりとは、とってもドラマッチック~。。。
★今ツアーの色々な出来事は私の中では1本の映画となっています(笑)。
何度も読んで下さったなんて本当に嬉しいです。

>そして真っ赤なコニー、本当にかっこ良かった~!!
★とてもキレイな赤い色でしたよねぇーー。
私の好きな赤でした。

>名古屋のコニーのパフォーマンスにも酔いしれてました[らぶっ](その時は「チーン」も知らなかったので一緒に陶酔:笑)
★ああ、それは「チーン」を知る前で良かったですね!
だって知っちゃったらもうあの表情には「チーン」しか出て来なくなりますから(爆)。
by 愛染かつら (2007-11-21 16:31) 

しゅう

あはは、みられてたw ちなみにKIRIKAさんと並んでみてたので、私の隣上手側にKIRIKAさんもいたんですよw
でもあの状態では、隣まで来ないと声かけられる状況じゃなかったですもんねえw

そうそう、KIRIKAさんもおっしゃってるように、あの時少しやりとりに間があって、私もマイケルが最終的に受け取った時に「マイケルよく知ってるファンの人なのかな」と思ったのを思い出しました!だから多分そんな表情だったんではと(なにせライヴ中の記憶があまりなくてごめんなさいです…)
そう、そんで、愛染さんとかの他にも、そんな風なファンの方がいらっしゃるのだなあ、と思ったんです。でも、他ではなく、愛染さんだったなんて!ww
やっぱりちゃんと覚えててくれてるんですよー!

ACは声質的には(リードボーカルには適さないかもと言う程度に)そんなにいいわけではないと思うんですが、確かにおっしゃるとおりの安定感があると思います!
まあ、私はコニーがいれば「上手くてキレイな声のコーラス」の存在としては十分すぎるほどだとは思うのですが、ACも捨てたもんじゃないです^^
コニーがリードボーカルだったエレボでその役割を担ってたのはACですからね~[はぁと]


記事読んでいただいて、コメントまでいただいてありがとうございました!
みなさんのコメント読んでたら、どんどん幸せになっちゃってwえへ。
こういうとき、ブログやっててよかったなって思いますよね^^
英文は…、多分外国の人で読んでくれてる人あんまりいないと思うんですがw世界中のハノイファンとお友達になりたいので、頑張ってかくことにしてますー。
あと、自慢ですがwタイプは物凄く速いので、打ち込むのはちっとも苦にならないので、むしろしゃべるのより楽なくらいなので(しゃべり続けると口疲れますしw)単におしゃべりな性格がそのままにじみ出てるだけなんですよww
そしてトラバは、マニュアルみたりして何度もやり直してみたんですが、出来てない模様です……orz
ごめんなさい…。あうあうあう。どうしてなのー[わーん]


あ、あの二股マイクスタンドに関しては、私意義ありなんですw
ひとつのマイクでせせこましく一緒に歌ってくれてるのが好きなんですw
でも、本人たちとしては、一人一本のほうがやりやすいし、いいんでしょうけどねw マニアックでごめんなさーいw

私が今みたいのは、マイケルのマイクにみんなで顔寄せ合って、TAXIの「AAAAAAAAAAAAHHHHHHHHHHHHHHHHHHHH!!!!!!!!!!」を叫んでくれることですw
さてあのシャウト、エレボブロスにも出来るのか?!!

うーん、それこそ、若い時だからこその「危険な香り」がないとダメなのかしら?
そこも是非見比べてみたいですね!!
by しゅう (2007-11-21 21:28) 

IKKO

そうそう、私も渋谷レポの記事にトラバしたのですが、反映されてないみたいですよね〜。
やり方間違ってるのかなぁ。

よくあんなに動いていて疲れないなぁーと(笑)。

ですよね〜。それは本当に感心します。
無理してやってる風でもないし。
でもオフィだったかな?にぬいぐるみと共に写ってる疲れ果ててるラクの写真がありましたよねw

>片手で叩いている時も結構あるじゃないですか~。
>それでもリズムがブレないんですよね。

だって世界一すごいドラマーですからwww(私にとって)
時々ミスをする事はあったり、走ったりする事もあるけど、
でもブレはないですよね。
生まれながらのドラマー気質なのかも(なんだソレは…)

なのできっと爪の垢を煎じて飲んでも、あのまんまかと思います(^^;)
by IKKO (2007-11-21 22:08) 

愛染かつら

しゅう様
見てました!(笑)
しゅうさんの隣にKIRIKAさんが居たということは、私、その何人か先に居たんですねぇ。
確かにあの状況では、1人先に居たとしても喋るなんて出来なかったでしょうけど~。

>愛染さんとかの他にも、そんな風なファンの方がいらっしゃるのだなあ、と思ったんです。
★私以外にもマイケルにはそーいうファンがいーーーーーーーーっぱい居ますからねぇぇぇ。
私なんてその一部に過ぎませんし~。
でも覚えていてくれただけで、すんごーーーく幸せです♪

>まあ、私はコニーがいれば「上手くてキレイな声のコーラス」の存在としては十分すぎるほどだとは思うのですが、ACも捨てたもんじゃないです^^
★コニーは確かにウマいけど、1人じゃああのコーラスの美しさは出ないですよ~。
なのでA.Cの存在は貴重なのです。

>英文は…、多分外国の人で読んでくれてる人あんまりいないと思うんですがw世界中のハノイファンとお友達になりたいので、頑張ってかくことにしてますー。
★英語は書かないと覚えないって言いますしねぇー。
世界中にハノイのお友達が出来るって、素晴らしいことですね。

>あと、自慢ですがwタイプは物凄く速いので、打ち込むのはちっとも苦にならないので、
★私もタイピングは早い方だと思うんですけどねぇ(笑)。
なんてったって、元キーパンチャーですから…
でも文章を打つのはラクでも、文章を考えるのが大変です~。

>そしてトラバは、マニュアルみたりして何度もやり直してみたんですが、出来てない模様です……orz
★私の方も「ひょっとしてトラバを受け付けない設定になっているのか?!」と思って、色々調べてみたんですが、ちゃーんと「受け付ける」になってるし…
もともとSo-netってアホだからなぁ。
きっとここのせいですよ!

>ひとつのマイクでせせこましく一緒に歌ってくれてるのが好きなんですw
★おおー、そうでしたかー。
私はあのマイクのお陰で前回の来日時よりもコーラスがキレイに入ったんじゃないかと思って喜んでました~。
やっぱり1本のマイクでは拾いきれない音がありますしねぇ。
それだけハノイの音にとってコーラスが大事なんだなぁーと…
でも人それぞれの好みがあるし、マニアにとっての見方ってありますもんね!
そういう気持ちもとーっても良く分かりますよ。

>私が今みたいのは、マイケルのマイクにみんなで顔寄せ合って、TAXIの「AAAAAAAAAAAAHHHHHHHH HHHHHHHHHHHH!!!!!!!! !!」を叫んでくれることですw
★それは良いシーンになるでしょうねぇー。
今回、Taxiがなくて残念でしたもんねぇ。

>うーん、それこそ、若い時だからこその「危険な香り」がないとダメなのかしら?
★これは今でも十分面白いと思いますよ~。
色々なハノイ、見たいですよね!
by 愛染かつら (2007-11-21 22:51) 

愛染かつら

IKKO様
うわぁー、IKKOちゃんもトラバが反映されてないんだー。
じゃあやっぱりここのせいだねぇ。
なんてったってバカなSo-netだもんねぇ(笑)。
しかもメンテ後っていっつも調子悪いし…

>でもオフィだったかな?にぬいぐるみと共に写ってる疲れ果ててるラクの写真がありましたよねw
★あ~、あのラクの写真は本当にグッタリしてましたよねぇ。
かわいそうになるくらいでした!

>だって世界一すごいドラマーですからwww(私にとって)
★いや、マイケルだってそう言ってるし~(笑)

>時々ミスをする事はあったり、走ったりする事もあるけど、
でもブレはないですよね。
★ミスしない人なんて居ないし、走らないロッカーだって居ないし、そんなの問題じゃあないですよね。
やっぱり根っからのドラマーなんですね!
by 愛染かつら (2007-11-21 22:55) 

えりこびっち

ゆうべは急にメンテナンスに突入されてコメント消えちゃうわ、もう一回読みたいのに読めないわでソネットを呪いましたが(笑)、再度コメントしに来ましたッッ!!
このレポ読んで、コメント残さずにはおられませぬ!

広島での遭遇、あのデカくて目立つカップルが前から歩いてくるなんて、妄想癖のある私(笑)でも、想像すらしたことがありません!!!
うぅ、マイケルと愛染さんは繋がってるんだ~~~!!

DAMIENさんの素敵なプレゼントのくだりもワクワクしました!
>裾が長いので、結ぼうとしてみたり、やっぱり戻してみたり…
わかります~~~!!
マイケルって、そういうとこ拘りますよね!!
以前、ブレスレットが絡まって、それをどうしてもなんとかしたくて延々とブレスレットと格闘しながら歌うマイケルを思い出しました!
可愛い~~~!

前日に渡したストールを巻いて出てきてくれたのは、ぜぇ~~~~ったい愛染さんに見せるためですよ~!
あ、今日も来てくれてる!よっしゃ、巻いて出るぞ!って。
これ、断言できます! いや、ほんまに!!
だって、マイケルって、そういう人だもん!!!

しかし、Center Of My Universeをやってくれたのですね!!
この曲、超・大好きなんです!!うぅ、うらやましすぎる!!
これ、前回の大阪初日でやってくれたんですが、2日めはやってくれなくて、遠征した名古屋でもやってくれなくて、あぁ、初日のウケがイマイチだったと判断されて、セトリから外されたのか??って悲しかったんです~。
あぁ、もう一度ナマで聴きたいです!

はぁぁぁぁぁ~~~、名古屋、ものすごく行きたかったのに行けずに涙を呑みましたが、愛染さんのおかげでその場にワープできたような気になれました!
きぃ~~~~~とすきーとす!!

あ、マイケルの投げチュウ、愛染さんもご懐妊?(笑)
by えりこびっち (2007-11-22 00:21) 

愛染かつら

えりこびっち様
昨夜はせっかくコメント入れて下さったのに、バカSo-netのお陰で消えちゃって大変失礼しましたー。
私もSo-netを呪いましたよぅー、もう!
再度のコメント、本当に嬉しいです♪

>妄想癖のある私(笑)でも、想像すらしたことがありません!!!
★私も妄想癖がありますが、さすがに公園でマイケル夫妻にバッタリなんて考えたこともありませんでしたー。
ブティックTAKEN●KOで遭遇する夢は見たことありますけど(爆)。

>うぅ、マイケルと愛染さんは繋がってるんだ~~~!!
★ずーずーしくも私もあの時には本当にそう思いました!(笑)。
私とマイケルはやっぱり縁があるのねぇーーって…

>DAMIENさんの素敵なプレゼントのくだりもワクワクしました!
★私も見ていて嬉しかったです。
マイケル、本当に嬉しそうだったし。

>以前、ブレスレットが絡まって、それをどうしてもなんとかしたくて延々とブレスレットと格闘しながら歌うマイケルを思い出しました!
★あ~、そういうマイケル分かります、分かります!
気になったことをやりながら唄ったりするんですよね。
よくあれで歌詞間違えないもんだ(笑)。

>前日に渡したストールを巻いて出てきてくれたのは、ぜぇ~~~~ったい愛染さんに見せるためですよ~!
★そ、そうかな…
やっぱりそうかな…
きゃーん、嬉しい~♪

>しかし、Center Of My Universeをやってくれたのですね!!
★私も好きな曲だったんですー。
前回渋谷で聴いたんですけど、その時には正直言ってあんまり良くなかったんですよね。
その後はセットリストから消えちゃったから難しい曲なのかと思ってました。
なので今ツアーで聴けるとはまーったく思っていなくて…
本当にビックリしました。

>あぁ、もう一度ナマで聴きたいです!
★今回プレイしたってことは、今後もやる可能性がありますよ!
次に来日する時にはリクエストしましょう~。

>名古屋、ものすごく行きたかったのに行けずに涙を呑みましたが
★そうでしたもんねぇー。
行けそうだったのに当日券出なかったし…
私もその事実を知った時は残念でしたよー。
とうとう対面出来ると思っていたのにぃ。

>あ、マイケルの投げチュウ、愛染さんもご懐妊?(笑)
★うふふ、同じ時期に生まれますね!(爆)
by 愛染かつら (2007-11-22 00:34) 

しゅう

センター…は、確かに難しげだなあ、と聴いてても思いました。
CDとはまったく違うかんじでしたよね。
アンディとマイケルふたりで、多分テレビ番組用だと思うんですが、アコギだけで歌ってる奴があるんですよ、あれ。
ライヴの時ともCDとも違う味がありました。
それは、マッコーイ先生がかっこつけてコーラスいれてたりするんですが(せんたーせんたー、とかフェードアウトしながらとかw)
それをコニーがやってくれたらすごくいいだろうなー!!
フィンのアンプラグド(あれ、あれはスウェか?)とかでやらなかったのかなー。
だれかよつべに流してくれないものか…。


二股マイクの件、そうかー、音的には一人一本のほうがいいわけですねー。あんまり細かい音とか聴いてないんですよ私、実はw(←どこまで非国民。
ほんとに気持ちよくなることしか考えてないんで…←だからこういうところに人格が…。



おおお、自慢だけどとかいってお恥ずかしい!プロでいらしたんですねー!
かな入力もなるほどなっとく。物理的にかなのほうが絶対的に速くできますもんねー。
文章を考えるのが大変とおっしゃいますが、それはきちんと吟味推敲されているからでしょう。
私あんまりしないのでw←だからこういうとこに人格の差がだね……。

行ったくせにちっとも覚えてないライヴのレポ、ほんとありがたいです!
ありがとうございます。読めて幸せでーす。
by しゅう (2007-11-22 01:51) 

愛染かつら

しゅう様
そうそう、あの曲はアンプラグドの方がいいなぁ~と私も先日のライヴを観るまでは思ってました。
アンディとマイケルがアコギを持って演っているテレビ番組の映像はウチにもあります~。
ブー●に入ってた(笑)。
マイケルがギター弾いている姿だけで、ご飯5杯はイケます(爆)。
これですよね?!↓
http://jp.youtube.com/watch?v=hQ0GXpKO3Xo

>二股マイクの件、そうかー、音的には一人一本のほうがいいわけですねー。
★音が拾いやすいんじゃあないかと…
でもエアロでスティーヴンとジョーが1本のマイクで唄う姿とか、やっぱりすんごーーーくクールなので、しゅうさんの気持ちも分かりますよ~。

>かな入力もなるほどなっとく。物理的にかなのほうが絶対的に速くできますもんねー。
★でもキーパンチャーだったのは、もう20年以上前の話ですし~(笑)。
毎日長文打っている人の方が絶対に早いハズです。
私の居た会社ではカナ文字はひらがな入力だったので、私はひらがなで打つ方が早いんですけど、友人の居た会社では(彼女もパンチャーだった)ローマ字打ちだったそーで、会社によって違うみたいですね。
物理的にはひらがなの方が打つ文字数が少ないですけど、ローマ字の方がひらがなより文字数が少ないゆえにキーが近くにあるので、早く打てる場合もあるんです。

>文章を考えるのが大変とおっしゃいますが、それはきちんと吟味推敲されているからでしょう。
★いや、多分私の場合は表現力が乏しいから考えてしまうんだと思います。
よくよく読むと同じような表現しか出来てないし~。

優しいお言葉、有難うです~。
by 愛染かつら (2007-11-22 02:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。