So-net無料ブログ作成

五右衛門ロック 2008.7.12 [ROCK]

思えば4月からここは放置しちゃってました。
最近は忙しさにかまけてちっとも日記を書く気力が湧かず…

で、今日は昼から新宿コマ劇場まで、劇団☆新感線の「五右衛門ロック」を観に行って来ました。
今週幕が開いたばかりなのでネタバレはしないようにしますが、ちょっと感想をば…

なんていうのかな、「出来ない人が居ない」安定した舞台でしたね。
アンサンブルがとても良かったです。
新感線によくある中だるみもほとんど感じなかったし…
ただ前半に関してはまだもたついていたというか、せっかくのギャグもメリハリが生かしきれていなかったように思えました。

江口洋介さんはまだ手探り状態なところもあったように思いますが、想像していたよりかなり良かったです。
有名な漫画のキャラを彷彿とさせて、それがニンにあっていました。

川平慈英さんも良かったです。
この人、踊りも上手いんですねぇ。

森山未来クンは台詞回しはまだまだな部分がありましたが、動きがものすごーく綺麗でした。
殺陣のシーンではかなりのスピード感溢れる動きを見せてくれましたし、ダンス・シーンではテンションが上がってすっかりトランス状態(笑)。
頭の振り方がキレてました。
ロックのノリじゃなかったけど、ははは。

殺陣といえば何といっても「お父さん」こと北大路欣也さん。
なんというんだろう、ものすごーーく切っ先が早いんだけど、優雅さを感じる流れるような殺陣です。
立ち居振る舞いの美しさも印象に残りました。
特にマントをひるがえすその優美な姿にはすっかりヤラれました(笑)。
やっぱりオーラが違いますねぇーー。

このオーラのお陰で(?)主役の古チンがちょっと霞んでしまうところがあったようにも思えます。
古チン、まだ遠慮があるのかなぁーー。

松雪泰子さんは最初ちょっと声が出難そうでしたが、歌い始めたら喉が温まってきたのか、聴きづらいということなくなりました。
ただ台詞回しはまだまだ固かったですね。
ラストはものすごーーーーい綺麗でした。
かなり大変そう…

生演奏でのロックのリズムはやっぱりいいです!
血が騒ぎます!
楽近くになったら客席ももっとノリノリになるんだろうなぁーー。

そうそう、これから観に行かれる方は、劇場には飲食物の持ち込みは禁止なようですのでご注意を…
それと休憩時間のトイレはかなりの長蛇の列になりますから、ダッシュした方がいいかも~ですね。


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 6

カオリ

愛染さま、お久しぶりです〜。
「五右衛門ロック」行きたかったのですが、チケット取れず・・・。でもやっぱり面白そうですね〜。ちょっとチケット探してみようかしら。
by カオリ (2008-07-13 10:08) 

愛染かつら

カオリ様
お久しぶりでしたーー。
nice!とコメントを有難うございます。

面白かったですよ~。
私は北大路欣也さんにすっかりヤラれてしまいました。
当日券も出ているようなので平日の昼の部を狙ってみるのも良いかも…ですね。

by 愛染かつら (2008-07-13 12:13) 

duke

こんにちは。金曜日に見ました。
↑書いていらっしゃること、全部ナットク!でした。
by duke (2008-07-13 23:15) 

愛染かつら

duke様

nice!とコメントをありがとうございます。
楽しい舞台でしたね。

by 愛染かつら (2008-07-13 23:27) 

mami

愛染かつらさん、こんばんは。お久しぶりです。
どうしてらっしゃるかな~、と気にかかっていましたが、お元気そうで良かったです。

「五右衛門ロック」は残念ながら観劇の予定はありませんが、また歌舞伎の記事もお待ちしていますね。
お仕事お忙しいと思いますが、お体お大事に。
by mami (2008-07-13 23:54) 

愛染かつら

mami様

こんばんは、お久しぶりでした。
激しくご無沙汰ですみません~。

今日は国立に行って参りました。
レポというほどのものではありませんが、ちょっと感想も書きましたので、お時間のある時にでも読んで下さいませーーー。

by 愛染かつら (2008-07-14 00:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。