So-net無料ブログ作成
検索選択

納涼歌舞伎第一部 2008.8.14 [歌舞伎]

え~、ご多分に漏れずに私も夏休みでございます。
いや別に休まなくても良かったんですけどね。
従業員、みんな田舎に帰っちゃうから…
それに休める時に休んでおかないと、次はお正月までゆっくり出来ませんからね~。

という事で昨日は歌舞伎に納涼歌舞伎に行って来ました。
一部と二部の通しです。
『女暫』、華やかでとっても楽しかったです。

新悟クンの赤姫のあまりの似合わなさっぷりにビックリ!←失礼
なんかお婆さんみたいに精気がなかったのはどうして!?
三津五郎さんの方が前髪立ちのせいもあってよっぽど若く見えました~(笑)。

福助さんは威勢の良さと可愛らしさがあって、なかなか良かったと思います。
声を張ると台詞が聞きづらくなってしまってましたが、これは私の居た席位置も関係あるのかも知れません。

舞台番の勘三郎さん、出て来てすぐにオリンピックで水泳の北島選手が2個目の金メダルを取った事を教えてくれました!
歌舞伎座も大喝采でしたよ~。


『三人連獅子』、これ、ま~ったく私の好みじゃあありませんでした。

舞台美術も何だかチープだし(牡丹の花びらが少なくて牡丹に見え無かった)、衣装もキンキラし過ぎだし、なんといっても踊りが気持ち悪い。←激しく失礼
雅さを感じて欲しいんでしょうけど、連獅子を上方舞にしたらこんなんなっちゃうの~!?
あの獅子の登場する時のいつものドキドキする太鼓や鼓、笛もほとんど無かったし…
せっかく良い囃子方だったのになぁ~…

仔獅子はお相撲さんみたいだし…(それは関係ない)
あ、国生君、毛振りはなかなか頑張ってました。

やっぱり獅子の精には隈を取って欲しいな~とか、もう心の声で突っ込みまくりの演目でした。


『らくだ』、これはいかにも納涼歌舞伎的で楽しかったです。
もうすっごい笑い声があちらからこちらから聞こえました!

個人的には死体役の亀蔵さんと大家奥さん役の彌十郎さんには敢闘賞をあげたい(笑)

彌十郎さん、身体張ってます!
玄関から落ちるところで鬘がズレてしまい、もう場内は大爆笑!
私の隣に座ってたお婆さんなんて涙流して笑ってました…
勘三郎さんも「人間恐ろしいのが過ぎると何故だか笑っちゃうのね」なんて言いながら笑ってました(笑)。

勘三郎さんと三津五郎さんの掛け合いの間の絶妙さはさすがです。
どれがアドリブだか分からないです(笑)

この演目が楽しかったので、前の連獅子の後味の悪さを引きずらずに二部に突入出来ました。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 4

NO NAME


赤姫は巳之助さんではなかったはずですが‥?
配役変更があったのでしょうか?
by NO NAME (2008-08-17 23:43) 

愛染かつら

NO NAME様

コメントありがとうございます。
仰せのとおりです!
赤姫は新吾さんでしたね。
すっかり勘違いしていました。
訂正してお詫び致します~。
by 愛染かつら (2008-08-18 01:13) 

mami

愛染かつらさん、こんばんは~。
「三人連獅子」はおっしゃるとおり、あまり緊迫感がなくていまいちでしたねえ。
国生ちゃんにはもうちょっと体をしぼっていただきたい(人のことは言えないけど)。でもその割には(?)毛振りは頑張ってましたね。敢闘賞。

「らくだ」は私も大笑いしてしまいました。亀蔵さん、可笑しすぎ!三津五郎さんがいなせで格好良かったですね。
by mami (2008-08-20 00:06) 

愛染かつら

mami様

こんにちはー。
「三人連獅子」、mamiさんもそう思いましたかー。
なぁーんかダラダラとした印象が残ってしまったんですよねぇ。
好きな踊りだけに残念でした。

「らくだ」の亀蔵さんは本当に最高でしたね!
あのお役は彼以外には考えられません(笑)。

今月は三津五郎さんが一部、二部ともにすごーくカッコよくて…
見直しちゃいました!

by 愛染かつら (2008-08-20 14:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。