So-net無料ブログ作成

女教師は二度抱かれた 2008.8.24 [歌舞伎]

2度目です…
今回は既に私的楽日です。
初見して良かったら当日券にでも並ぶ覚悟をしていたのですが、個人的にはどうしても好きになれそうもない舞台だったので、2度でいいかなぁーと(苦笑)。

いや、染ちゃんファンの目線でいけば萌え萌えな箇所もたくさんあって、それはそれでいいんですけどね。
でも後味の悪い芝居にお金払うほど裕福なわけでもないもので…
あ、かなり毒舌ですね、私。
それは今回2度目観て、やっぱり全然この舞台に納得出来なかったからだと思います。

歌舞伎好きとしては、あの滝川栗之介の描き方がまず納得出来ません。
女形が「よよよよよーーー」と泣いて、その後に「かっ、かっ、かっ、かぁーーーっ」なんてしないしーー(苦笑)。
まぁ、あえて歌舞伎を見ない人が抱いている歌舞伎のイメージにしたのかも知れませんが。
だいたい女形にしたというのに、どうして女形としてのシーンがないんでしょうねぇ。
ストーリー的にも女形である必要性を感じませんでした。
立役がじつはオカマだった…っていう方が良かったんじゃあないのかしら。
栗之介が天久に失言を謝っているシーンでは、彼の心中のようなものを語らせていますが、あんなシーンじゃあせっかくの台詞が届いて来ないです。
とにかく安部サダヲさんは勿体無い使われ方だなぁーと思ってしまいました。
唯一、最後の台詞だけが生きていましたが、あれだけじゃあ観ている方は消化不良です。

このお芝居、観ていて怖かったのが「狂気」です。
描かれている人、それぞれほとんどに狂気を感じます。
みんなどこかひとつおかしいです(笑)。
天久の場合は狂気とまではいかないものですが、それ故に彼が追い詰めリれていく恐怖を感じました。
まぁ、狂気は誰にでもあるのでしょうし、元来普通の人なんて居ないのかも知れませんが…
やっぱりラストには救いが欲しいですよ。
あんな中途半端な救いじゃあ意味がないです。

染ちゃんファンとしては、楽しめる部分もたくさんありました。
学生服での歌も前回よりずいぶんと弾けて、声も出てたし…
というか、学生服のシーンになると、イッキにテンション上がってましたね。
開き直りか?!(笑)。
まぁ、あとはヘソ踊り(?)するところくらいしか、テンション上げるシーンが無いもんねぇ。
個人的萌え~なところは、杏の部屋で泣きながら山岸センセイに電話するところです。
あの時の「天久です…」の声が素敵(笑)。
それとやっぱり山岸センセイを抱きしめて「大丈夫だから…」というところ。
思わず胸がキュンとなります(爆)。
それとカテコでの染ちゃんのお辞儀はやっぱり綺麗です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。