So-net無料ブログ作成
検索選択

平成中村座 仮名手本忠臣蔵 Bプロ 2008.10.5 [歌舞伎]

今日は浅草の平成中村座まで…
少し早めに家を出て、まずは『文扇堂』で扇子を物色。
浅草に行く度にここで扇子を買い求めます。
今日は手書きの紅葉柄の扇子を購入しました。

元より浅草は江戸の雰囲気を残す観光地となっていますが、今は江戸町「浅草奥山風景」という期間限定の町並みが再現されています。
江戸小物、版画、玩具提灯、指物、手拭い等の見世が並び赤毛氈の茶屋が現れます。
そこを抜けるとすぐに平成中村座の小屋があります。
小屋には靴を脱いで上がります。
なんだか金丸座を思い出しました。
が、足元は絨毯敷きなので、あそこまでの風情はないです。

『五段目』
早野勘平の勘三郎さんがやはり良かったです。
当り役だというのも納得。
義太夫へのノリはちょっと大仰な部分もありましたが、ひとつひとつを丁寧に演じていました。
最近、勘三郎さんの丸本物ではあまり納得の出来るものが無かったのですが、今日はそんなことはありませんでした。
やはり底力のある方なのだなぁーと…

斧定九郎の橋之助さんは見目は色悪でよろしいのですが、なにせ大きさが足りませんね。
出て来た時にゾクッとさせるものが欲しいです。

『六段目』
おかやの小三郎さんは、まったくニンじゃあないですね。
名題昇進した祝儀の意味もあっての抜擢でしょうが、座った姿はまだマシでしたけど、立姿などは全然お婆さんじゃあないです。
元々は立役さんだと思うので、身体の使い方が違うのでしょうね。
このお役は実はとっても大切だと思うし、難しいとも思うので、いくらご祝儀とはいえ少々辛いものがありました。

『七段目』
実は一番観たかったのが、仁左衛門さんの由良之助でした。
さすがに舞台に出て来た瞬間にその場の空気がガラッと変わります。
紫色のお着物も何ともいえずに素敵に着こなしてます。
がっ、やっぱりこの場面は私の中での一番は吉右衛門さんだなぁーーと痛感しました。
酒に酔った風情の色気が仁左衛門さんにはないのです。
「ホントは酔ってないでしょ…」って感じさせてしまうのですよね。
うーーーん、仁左様は大好きな役者さんなのですが、これは好みの問題なのでしょうね。
斧九太夫を打ちすえる場面は心の底からの怒りが見えました。
が、ここでもその怒りが何か私の求めるものと違うのです。
思うに仁左衛門さんの由良之助は洗練され過ぎているのではないかと…
色男過ぎるのでしょうかねぇ。

おかるの孝太郎さんはかなり良かったです。
酔いを醒ましている時の色っぽい姿も様になっててビックリ(笑)。←失礼
可愛らしく、勘平のことが本当に好きなのだなぁーというのが分かります。

寺岡平右衛門の橋之助さん、こちらは良い出来だったと思います。
仁左様に稽古をつけて貰ったのでしょうか…
ところどころ似ているところがありました。
妹を想う気持ち、足軽の身ではあっても主君を想う気持ち、そのふたつの気持ちに苦しむ姿に平右衛門の悲哀を見せていました。

『十一段目』
竹森喜多八の七之助クンと小林平八郎さんの勘太郎クンの立廻りが、さすがにイキがあっていて良かったです。
でも勘太郎クン、あまりに悪人メイク過ぎじゃあないですかねぇ(笑)。

花道を下がっていく時の由良之助の仁左様、清々しくキリリとした良いお顔でした。


防音装置のないこの小屋では、花やしきからの奇声まで聞こえます。
これが案外すごくてビックリ。
しかも七段目の途中からはもの凄い雨音が…
台詞まで聞き取りにくくなりました。

日頃、歌舞伎座の椅子は(特に3階は)悪いと思っていましたが、この平成中村座に比べれば…
お尻の痛さとの戦いでもありました。(笑)
なのでラストはお尻の痛さと戦った自分も解放された感がありました(爆)。

あ、そういえば昨日の松本幸四郎特別公演での附け打ちさんと今日のBプの附け打ちさんが一緒でした!
掛けもちなのね…
大変~。

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(2) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 4

カオリ

おお、偶然ですね〜、ワタシもその日観劇しておりました。仁左さま、色男すぎるかも、という愛染さまの感想には確かにそうかもと頷きました。
孝太郎さんは今回すごくよかったですね! 福助さんが今月は歌舞伎座でよかった・・・、かも?
by カオリ (2008-10-08 22:06) 

愛染かつら

カオリ様

んまぁぁぁ、同じ日の観劇だったのですか?!
知っていたらご挨拶くらいは出来たのに残念です~。

仁左様は大好きな役者さんのひとりなので、今回は本当に好みの問題だったのだと思います。
この方の情味溢れる台詞とか、いっつも泣かされますし…
もちろん今回も素晴らしい舞台を見せて下さいましたが、由良之助というキャラにもっと泥臭い部分を、私自身が勝手に作っていまっているのかもしれません。

孝太郎さんはAプロでの顔世御前も凄く良いみたいですね。
最近めっきり色っぽくなってきた役者さんだと思います。

福助さんに関しては今年は歌舞伎座に縛り付け(?)られているので、ある意味良かったかも~(笑)。


by 愛染かつら (2008-10-09 03:47) 

mami

愛染かつらさん、こんばんは!
Bプロ、私も観てきました。
仁左衛門さんの由良之助、色気があって私は大好きなんですよ。もちろん、吉右衛門様の方が懐が大きい感じはしますけど、仁左様はなんか祇園の匂いがするんですよね(笑)。

孝太郎は今月すごく良かったと思います。顔世も良いですが、九段目のお石が予想外に立派でした。

勘三郎も、ちゃんとやれば出来るんだ、というところを見せてくれてよかったですよね。コクーンとかも良いですけど、やっぱり古典をしっかりがんばってほしいです。

TBさせていただきますね。
by mami (2008-10-22 23:45) 

愛染かつら

こんばんは、mami様
仁左様の由良さんはしっとりとした色気がありましたね。
私も仁左様は好きな役者さんなのですが、由良之助に関してはやっぱり吉右衛門さんの方が好みみたいです。

孝太郎さんは今月評判がよいですね。
Cプロも拝見したかったですが、資金不足で断念…
うーん、やっぱり行けば良かったかなぁ。

勘三郎さんの時代ものを拝見して良いと思ったのは実は今回が初めてでした(笑)。
もっとこういうのを見せて欲しいですね。

by 愛染かつら (2008-10-24 01:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。