So-net無料ブログ作成
検索選択

吉例顔見世大歌舞伎 [歌舞伎]

2日が昼の部、そして9日に夜の部と行って来ました。
さすがに顔見世なだけあって大顔合わせです。
とは言っても今月は東京だけで四座、巡業で一座、玉三郎さんの踊りや吉右衛門さんのワークショップあるので、出演者の遣り繰りが大変そうですよねぇ。

「盟三五大切」
実はこれが一番楽しみだった演目。
あ、楽しい話ではないんですけど(苦笑)。
以前拝見した時に三五郎を演られた仁左衛門さんが、今回は源五兵衛を演られます。

いやぁ~、前回も怖い演目だなぁーと思いましたが、今回の怖さはそれ以上でした。
仁左衛門さんはどちらかと言えば三五郎の方がニンなのかとも思いますが、源五兵衛の凄味といったら…。
殺人鬼の眼ってきっとこういうのなんじゃないんだろうか…と思わせます。
昨年松竹座で観た「女殺油地獄」の与兵衛で見せた眼とはまた違った狂気の眼です。
なんかね、眼が赤く見えるんですよ。
まさに鬼の眼。
小万の首を抱えて花道を下がっていく時の表情には戦慄が走りました。

今回三五郎を演じた菊五郎さんもいなせな雰囲気でカッコいい。
ただ小万との関係はちょっとサラリとしすぎていた感もあったかも。

歌昇さんの六七八右衛門、ものすっごく良かったです。
一生懸命主人に尽くす真っ正直なお役がピッタリでした。


「吉田屋」
う~ん。
藤十郎さんはやっぱり丸本物の方が好きです。
魁春さんもやっぱり遊女って感じじゃあないんですよね。
この二人、合ってないような気がしました。
驚いたのは昼の部だっていうのに、この演目が始まってから途中退場する人の多いこと、多いこと。
1階席だけで多分20人以上は居なくなりましたね。


「寺子屋」
仁左衛門さんの松王丸を拝見するのは初めてです。
拵えが他の方と違うんですねぇー。
いやぁ、やっぱりこの松王丸には泣かされました…。
仁左衛門さん、役への創り込みが深いです。

いろは送りの為に戸浪が小太郎の遺骸を抱いて出て来た時、松王丸はハッと白装束になる為の手を止めて深く頭を垂れて泣きながら合掌するのです。
その姿にもう涙が溢れました。
ここで千代の藤十郎さんが拵えを直すのに必死になっていなければもっと泣けたんだけどなぁ(苦笑)。

藤十郎の千代はやっぱり凄いです。
こういうお役ではもう存在感からして濃いです。
観ていてあの絶品だった「伽羅先代萩」の政岡を思い出しました。
難をいえばちょっと色っぽ過ぎた感がありますが、これは持ち味だから仕方ないかな。

源蔵の梅玉さん、この方のこのお役を拝見するのは二度目ですが、悪くはないんですけど、なんていうのかな…
苦悩しているように見えないんですよねぇ。
クール過ぎるっていうか…。
仁左衛門さんの松王丸だから余計にそう感じてしまうのかも知れませんが。

松江さんの涎くりは二度目ですが、やっぱり可愛いです(笑)。
花道でビェーンと泣きながら「歌舞伎座の人形焼き買うて」と父ちゃんに強請ってCMしてます。(その効果あってか、幕間では焼立て人形焼きに長蛇の列)
今回は比較的若い父ちゃんなので、背負うのがラクそうですね(笑)。


「船弁慶」
この演目は大好きなのでずいぶんと沢山観た気がしますが、菊五郎さんのは初めてです。
静では化粧がちょっと何だけど(笑)、思いの外可愛らしく見えました←失礼
菊五郎さんの化粧って踊りと一緒なんですね。
すごく骨太というか…
細かくないんだけど味があって、それが魅力になってる。
知盛の化粧なんて、隈取りの形は他の方とも一緒なんだろうけど、指を縦にして隈を描いているようで一本一本の線が太いです。
幽霊とか亡霊というよりは怪物ちっくではありましたが、それはそれで独特の雰囲気を醸し出しています。

四天王は松江さん以外はかなり若い面々。
あ、松江さんだってまだまだ若いですけど(笑)。
イケメン揃いでしたねぇ~。


「嫗山姥」
以前拝見したのは菊之助さんと團蔵さんのものだったので、今一つ面白みを感じなかったのですが、さすがに時蔵さんの追善狂言なだけあってそれぞれの役者さんのニンがあっていて楽しかったです。

時蔵さんがさすがに良かったです。
紙衣のやつした姿にも元傾城の色香が滲み、眼目のしゃべりでも竹本との掛け合いも間合いが良く、おもしろ可笑しく見せてくれる。
後ろのお席の団体さんなんて大爆笑してました(笑)。
ぶっ返った後の立ち廻りも見事。
男の声と女の声を使い分け、これはかなり喉に負担がかかりそうですねー。

歌昇さんの腰元お歌、フツーに可愛くてビックリしました(笑)。
もっとヘンテコな顔をして出てくるのかと思ってたのに…。
ちょっと肩透かし(爆)。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。