So-net無料ブログ作成
検索選択

壽初春大歌舞伎 夜の部 2009.1.25 [歌舞伎]

初日に引続き2度目です。
本来ならば今月は1回で済ませようと思っていたのですが、友人に付き合いました。

『壽曽我対面』
いやぁ~、舞台は本当にナマモノだと感じさせてくれた逸品でした。
初日と全然違う!

特に五郎役の吉右衛門さんが、まったく変わっていましたね。
前回は声をやられてしまっていたというのもあったのでしょうが、今日の五郎は声の調子も更に高く力強く、そして型が何とも美しかったです。
まさに血気盛んなお年頃って感じです(笑)。
それにしても吉右衛門さんのお歳でここまで若々しくヤンチャな五郎が出来るって、凄いことですよね。
もう五郎をやる機会も減ってくるでしょうし、本当に良いものを見せて頂きました。

吉右衛門さんの素晴らしさに合わせるかのように幸四郎さんの工藤が大きく、憎々しくなっていました。
悪人って感じの工藤でしたが、それはそれで幸四郎さんのキャラに合っていたように思います。

染ちゃんの近江小藤太ですが、初日に拝見した時と高合引の位置が変わっていました。
初日では正面を向いていたのですが、今日は最初から花道の方に若干向きが変わっていました。
こ、これはまさか五郎を観易くする為?!
じゃあないよねぇ(笑)。

松緑クンの八幡三郎、化粧がやっぱりヘンテコ(爆)。
キリリと見せようとした上の瞼のラインが長すぎて…。
この人、本当に化粧がダメだぁ~。←失礼



『春興鏡獅子』
これまた初日に比べて、ずいぶんと違っていました。
とにかく後シテでの獅子の精の出の時の鳴物が素晴らしかったです。
鳥肌が何度も立ちました。
なんか気が違うんですよね。
特に鼓方さん達がもう絶品でした~。

勘三郎さんも今回は凄かった~。
前シテに関しては初日の方が丁寧に踊れていた気がしますが、後シテに関してはまるで違っていました。
前回物足りないと思っていた箇所が、すっかり満足のいくものになっています。
特に後半にはものすごい集中力で、獅子の勢いと動きのキレを見せてくれたように思います。
流れる汗で化粧の隈も型が変わってしまっていました。
毛振りもずいぶん長く、最後は「これでもか!」っていう感じでしたね。
それに合わせている胡蝶達も大変そうでした(笑)。

胡蝶の玉太郎クン、いやぁ、ずいぶん上達してました。
初日にはアクシデントもあった故に、まだひと様にお見せ出来るような踊りではなかったのですが、今回はすっかり落ち着きが出て来てました。
踊りとしてはまだまだですが、途中高熱で2日間も点滴を打って舞台に立ったようで、本当に頑張っているなぁーと思わず涙がジワッとしてしまいました。

千之助クン、こちらも踊りが進歩しています。
鈴太鼓が最初から壊れてしまいましたが、構わず代わりのものが出てくるまでそのまま踊っていました。
舞台にバラバラに落ちた中の鈴を後見さんが必死に拾っていました。
舞台前方に1個だけ残っていた鈴が気になって気になって仕方なかったのですが、後シテが登場する前に後見さんが拾い事なきを得ました。

この二人、どちらも身体が小さいので本当に可愛いですね。
私の座っていた席の近くのオバさんなんて「5~6歳位かしら…」と話していましたが、千之助クンは玉太郎クンより学年はひとつ上ですが、実は2人共に8歳です。


『鰯賣戀曳網』
きっとそうなっていくだろうなぁーーーと思っていた通りに、染ちゃんの六郎左衛門の化粧が面白さアップしてました(笑)。
眉毛が山形になっているよ~。
眼尻も更に下がって、すんごーく面白い顔になっちゃってます。

しかもギャグが増えていた!
猿源氏が戦物語をしなきゃならなくなって六郎左衛門に救いの目を向けた時、オロオロしただけでなく、寝たふりまでしてました~!
その間合いが何とも素晴らしく、大爆笑!
さすがにお笑い好きな人ですねぇ(笑)。
あ~、面白かった~。

禿の原口クン、猿源氏に突き飛ばされた時のリアクションが大きくなっていました。
起き上がる時に髪をパサパサッと掻きあげて整えた後にギロッと猿源氏を睨みます。
これがミョ~に色っぽかったです。
原口クンはよく歌舞伎の舞台に立っていて、私も好きな子役さんですが、この子もかつての清水大希クンのように、いつかは部屋子さんになって欲しいです。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 2

mami

愛染かつらさん、こんにちは!
吉右衛門様の五郎は本当に迫力いっぱいで若々しくて素晴らしかったですよね。おそらくもう観ることはないんじゃないかと思うと、拝見できてよかったと心底思います。

松緑さんは、確かに化粧が上手くないですね(苦笑)。隈取りなどはまだ良いんですけど、普通の顔がねえ。誰かに教えてもらえばいいのに、といつも思っていました。

他の記事と合わせてTBさせていただきますね。
by mami (2009-02-09 10:55) 

愛染かつら

mami様

レスが遅くなってしまってゴメンなさい。
吉右衛門さん、本当に少年のようでしたね!
やんちゃで怒りを身体いっぱいで表現出来ていた五郎でした。
さすがに新しくなる歌舞伎座ではもう五郎はやらないでしょうから、今回観られて良かったです。

松緑さんはなんであんなに化粧がヘタなんでしょうねぇ(笑)。
隈を取った顔は五月人形みたいで可愛いんだけど…
ホント、誰かダメ出しして欲しい!

by 愛染かつら (2009-02-13 02:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。